トップページへ戻る

2008年03月24日

創造ツール「TRIZ」をわかりやすく説明するにはどうすればいいか

ある場所でベテランの方々にTRIZに絡めたあるモデルを提案プレゼンさせてもらう場がありました。親友もその場にいたのでそのあと夜中までいろいろ雑談をしていたのですが、彼のアドバイスにはっとしました。非常に重要で本質的転換の引き金となるものでした。

「あの説明では、やってみようという気になった人はすくないんじゃない。」

私はTRIZの説明を非常にシンプルかつ分かりやすく話したつもりでした。しかしそれは、技術者の技術説明に近いもの。営業マンが機能効能を説明するものではなかった。そういうことなんだと気が付きました。

TRIZを説明するときには私はいつも、う〜んと考えてしまいます。一言でいえば技術の膨大な発展のケースから、発明や改善の要素を抽出して、発明や改善の際の発想のヒントになるもの、なんですが、それは概論だけではどうも伝わらない。そこで意識が内容説明をすることにむく。概論だけの話でもTRIZの独特の表現が結構ある。(たとえば、技術的矛盾、技術トレンド)それらをもちいてざっと説明しても、言葉が届きにくい。伝わらない。

PCを見たことない人に、3分でPCのイメージを説明する。そんな感じの課題に近いかもしれません。やり方次第でできることはたくさん。でもキーボードとかHDDとか演算とか、そういった言葉を相手がわからない。そのなかでどうPCの本質的良さをつたえるか。


ちょっと考えてみたのですが2つのトライアルがありそうです。


1.聞き手の知っているもので表現する。

PCの例でいえば、「本とノートと電卓とTVと手紙」が一つの箱の中でできる装置。大きな電卓みたいなもの。(このときポイントは相手のやりたいこと、興味のあるもの、で表現すること)

2.それが何であるかより、それがどんな効能があるのか、で表現する。

PCでいえば、手紙を複数人におくるのも一回の手紙づくりですむ。届くのもすごく短い時間で。ノートは何百冊分もはいるし、前に書いたある単語のことを調べたい時にはすぐに一覧表になって見れる。(同じく相手の興味あることで表現すること)


ここまで考えて少しわかりました。TRIZは機械ものを進化させる道具です。機構部の発展、メカニカルな構造の進化、など。ということは万人がそれを見てすぐにわかる説明例、開発ストーリーがあるといいんだと。

そこで提案したいのが「おもちゃ」をTRIZで発展させたらどうなるか。それをモデルケースとして確立するといいのではないでしょうか。おもちゃもあんまり電子化したものよりも、独特の動きと形をもったアナログなおもちゃ。幼児が使うような木のおもちゃ、などです。

たとえば、発明原理。

おもちゃ×発明原理、で説明する。○○なおもちゃ、アームを伸ばそうとすると重くなる。割れやすくなる。どうしよう。過去のケースにヒントを得よう。じゃあこういう方法をヒントにして考えよう。こういう構造を提案できるかも。とったトーン。

たとえば、技術トレンド。

おもちゃ×技術トレンド、で説明する。○○なおもちゃ、もっと進化するとどういう形があるだろう。進化の方向性がこんなのがしられている。このおもちゃはいま、このくらいだから、次にはこんな形、その次にはこんな形、になる余地があるね。といったトーン。

そのほか、理想解、属性分析、9画面法、などなど。

おもちゃ(とくに、手押し車とかおふろのアヒル、水鉄砲くらい)を例にすることで楽しく興味を持って、しかも、例がわかりやすくできるのではないでしょうか。

私のTRIZ説明は、ここを起点に変われる可能性があると、直感的に感じました。一言をくれた友人の存在をありがたいなぁと思います。


いずれまとめたいと思います。有言実行のために書いておきます。
「創造工学の絵本3:おもちゃ×TRIZ(トゥリーズ)」
2008年の9月までに。
posted by 宮城TRIZ研究会 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Mi-TRIZ 2008年

2008年03月23日

TRIZを用いて地域企業の技術課題の分析を試みる。

この週末は、TRIZをベースにした地域企業大規模アンケートの分析に取り組んでいました。

なかなかTRIZはマニアックで普及しませんね。と多くの方から言われます。高度な手法であり効果は高いのでしょうが、とも。

TRIZの知識体系は実は発想法だけじゃないと一年くらい前から思ってました。今回のアンケート調査(それは非常にチャレンジングなものでしたが)で、TRIZを地域産業支援を行う人が使えるナレッジセットである可能性が高いと確信しました。

TRIZの創始者アルトシュラー。彼が幅広い知見からTRIZを体系化したわけですが、彼が創り出したパラメータ(39の技術特性)は、技術課題把握の際に、非常によく状況が見える物差しである。と感じました。

技術コンサルティングにちかい職場で働く非コンサルタントは、世の中に結構いますが、彼らが社会の技術課題のヒアリングをする際にそれらは非常に有効な知識セットとして活用となるとおもいます。(技術課題の把握に役立つ)。今年の宮城TRIZ研究会は、そうした知の活用の新しい提案を行っていきたいと思います。夏にTRIZシンポジウムがありますが、そこに間に合うように、急ピッチで作業を進めたいと思います。
posted by 宮城TRIZ研究会 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Mi-TRIZ 調査レポート

2008年03月07日

宮城大学で学会発表(感性工学会)

今日と明日、宮城大学で感性工学会が開かれます。私も発想ツールの「カード化の効能」というテーマで発表をいたします。特に智慧カード(TRIZベースの発想トリガー・カード)について、ユーザから寄せられた声を整理分析したものをお話しします。

TRIZシンポジウムでの報告とはまた違った観点で報告を(特に感性的にどのような意味合いを持つのかを)行います。

今回の発表は、小さな発見・気づきに近い報告を行う発表です。学会発表としては萌芽的なレベルなので、謙虚に学会参加者の方に少しでもヒントになれば、との思いでご報告したいと思います。


〜予稿集原稿〜


■タイトル(Title)
TRIZ(技術開発理論)の発想カード化事例にみるカード化の効能
Card Effect by Case of making Ideation Card-Tool based on TRIZ

■キーワード(KEYWORDS)
創造性開発、技術革新、教育
Creativity development, Innovation, Education


■本文
1.はじめに
TRIZ(技術的な発想を促進する理論)は、技術的思考に基づく発想支援の理論として世界的に知られている。しかし、その理論の実践のたびに、詳細な内容の書物の参照が必要となり、これがTRIZ の活用の上で大きなネックとなっている。宮城TRIZ 研究会ではこうした現場での課題を解決するツールの開発とその現場での適用を試みた。

2.現場での課題
技術者は、現場において実物(装置や部品)を前にTRIZで発想しようとすると、次の2 つを確保する必要がある。
(1)十分な明かり
(2)充分な時間
現場では、どちらも手に入りにくく、またそれらのない環境下で詳細な書物を参照する作業は大きなストレスとなる。また、あるアイデアに便乗して次々と派生アイデアを出すことの効能はブレインストーミング法にも謳われており、書物を参照しながらの発想作業は発想のリズム感とも言うべき「ノリ」に影響を与える。そこで、我々は、TRIZ理論を背景に持ちながらも、TRIZ を簡便に現場で使えるようにしたいと考え独自ツールを開発を試みた(図1)。

03_chiecard_and_manual.jpg
図1 開発したカード

開発に当たり、多くの議論やテストを試み、結果的には、カード形状となった。このカード(智慧カード)はTRIZ研究者や実践者の口コミなどを経て、先進的TRIZ ユーザーに使われ始めた。そこからカード化による効能と課題もまた見えてきた。

3.カード化の三つの効能
カードを用いたワークショップ等から『カード化することは、発想ツールとしてのよい効果がある』事がわかった。

(1)カードを繰る
「単純だけれども肉体的な動きをもった動作」
 ⇒「意識の切り替え」

(2)カードを見る
「目の前に見えるものが1 つしかない」
 ⇒「思考の集中」

(3)カードを並べる
「微妙な重要度の違いを、並べ方を工夫して表現」
 ⇒「直感的な知的能力の活用」

カードが持つこの3 つの動作は、発想のための頭の使い方を、やりやすくしてくれている。

4.カード化の限界
[ユーザは限定される]
ターゲットユーザを絞り込むことでカードは直感的に扱えるものになっている。ユーザ像に向けて大きく意訳することで、大幅に書籍にある膨大な説明を削ぎ落としても、本質のみを残すことができている。ゆえに、想定ユーザとは大きく異なる人にとっては、直感的な使いやすさは必ずしも保障できない。
[カード化に向く知、向かない知]
“多数の要素”スタイルの知はカード化に向く。“複雑なプロセス”スタイルの知は向かない。カード開発の際に多くの試作やテストプレイを行った。その結果、発想法には「カード化が向いている
もの」と「向いていないもの」があった。カード化、という視点で分類すると、要素群(≒順序を持たないリスト)は、カード化した際に、知的な促進が感じられた。プロセス(≒順序のあるリスト)は、カード化した際に非効率的になりストレス面が強調された。

5.まとめ
発想法のある種の部分は適切にカード化することで効果が高まると期待される。カード化の効能と限界について、詳細な調査を今後の課題としたい。

参考文献
[1]ダレル・マン『TRIZ 実践と効用 体系的技術革新』中川徹監訳、創造開発イニシアチブ、東京、(2004)
[2]アレックス・F・オズボーン『創造力を生かす<新装版>』豊田晃訳、創元社、大阪、(2008)
[3]ブレア・ミラー他『創造的問題解決―なぜ問題が解決できないのか?』弓野憲一他訳、北大路書房、(2006)
[4]デュナミス:「智慧カード」、http://braster.ocnk.net/product/9
posted by 宮城TRIZ研究会 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Mi-TRIZ 2008年

2008年03月04日

新人に20年後の様子を構想させる取り組み

東北地方の某メーカの新人教育コンテンツ開発に協力しています。社員1000名を超える人材と数十年の社歴、地域のリーディングカンパニーです。

その企業の方の「現状を打破する」「気付きを与える」ものにしたい、という明確で強い意志を感じました。その意気にこたえて、私にできることを力いっぱい企画しています。

長期的に取り組む案件になりそうです。20年後の人材を育てるのはいつか。それは10年後でも、3年後でもなく、今。今年です。時間はこつこつと刻まれて、1988年だった当時の20年後は、今、現実となっています。それと同じく、2008年のいまの20年後も、しゅくしゅくと2028年につながっています。ある意味、新人育成の仕事は、20〜30年後の社長を育成する仕事。千名以上の未来の社員を率いるリーダを育成する大変重要な仕事なんだと思います。手抜きは一切なし。とことん考えたものを作りたいと強く思っています。

これに伴い、未来の製品を構想するメソッド(9画面法(TRIZの一手法))を簡単で楽しいツールにすることを考えています。智慧カードの開発思想である「楽しく」「簡便に」「手法の深い知識がなくても使える」ツールを考案したいと思います。広く社会にもいずれ還元したいと思います。ご興味ある方は宮城TRIZ研究会までご連絡ください。
posted by 宮城TRIZ研究会 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Mi-TRIZ 2008年