トップページへ戻る

2007年07月05日

大手メーカー殿にて創造手法の研修講師をしてきました。

7月5日。県内の某大手メーカ殿で、創造手法の研修講師を行ってきました。

メインは、ブレスターのカードセットとTRIZベースのカードツールをもちいた技術的なアイデア出しを行うゲーム。

それから、アイデアの効果的な収束の手法、アイデアを磨く手法、などをグループワークで体験してもらいました。

その後は、「ブレインストーミングの実際」といったブレストのルールがもつ意味合いなどをお話しました。また、「創造工学の手法概要」についても、どのようにチームの力を引出して、問題を打破していくか、ということもお話しました。

アンケートに答えていただいたのですが、難しかった、面白かった、楽しかった、といった回答をいただきました。今回の手法は、二時間に圧縮した創造手法のミニマム版でしたが、いずれチームを率いてお仕事をされるときに、今日体験していただいたことをエッセンスにして、活用していただけたら幸いです。

追記:

ブレスターを活用することで、複数のチームが同時にブレインストーミングを実践してもらえるようになりました。ブレスターは多くの方に喜んでもらえるように作ったツールですが、研修講師をする私が一番重宝しているのかもしれません。

なお、開発品である「智慧カード(TRIZベースのカードツール)」についてアンケートを書いていただいたのですが、技術系の方が多かった今回の研修ではなかなかの好評価でした。このあと、ツールとしての全体のデザインを仕上げるべく、がんばりたいと思います。
posted by 宮城TRIZ研究会 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Mi-TRIZ 2007年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31791639
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック